koho11 のすべての投稿

校内の「芝絵」完成!

 本校の「緑化システムコース」所属の3年生の卒業制作の一環でもある「芝絵」が校舎棟中庭に完成しました。「ネコ」のデザインは、先般ブログの中でご紹介いたしましたが、「ネコ」の下に、28期生(現3年生)の「28th」も鮮やかに刻まれています。この中庭の芝は11月開催の本校の文化祭の時期には綺麗に刈り取られ、合唱や演奏、ダンス等、生徒の様ざまな発表の場所として中庭は使用されます。A4サイズの紙に描かれたデザインを、造園の技術で中庭に拡大、絵の部分の芝を肥料で先に成長させ、周辺を生徒が草刈り機や道具で刈り込みました。もちろん、雑草除去の作業もかかしません。

芝絵-1

芝絵-1

芝絵-2

芝絵-2

芝絵-3

芝絵-3

デザイン元(ネコ)。

デザイン元(ネコ)。

半日体験入学(オープンスクール)を開催しました(7/18)

 7月18日(土)、半日体験入学(オープンスクール)を開催しました。奈良県や山口県など県外からも多くの皆様にご参加いただきました。本日は、体育館での全体ガイダンスの後、ご参加の生徒様には10ある専門コースから事前に選んでいただいていたコースで体験実習をしていただきました。また、保護者の皆様の多くが個別相談コーナーで様々なご質問をされていました。本日はお越しいただきました皆様、誠にありがとうございました。
 近日開催予定は、9月12日(土)午後開催オープンスクールとなります。ご参加のお申し込みは本校のホームページの専用入力フォームからでもお申し込みいただけます。皆様のお越しをお待ちしております。

生徒代表より本校の紹介や体験談。

生徒代表より本校の紹介や体験談。

キャリアデザインコース(理科実験:炎色反応)。

キャリアデザインコース(理科実験:炎色反応)。

情報システムコース(C言語でのプログラム)。

情報システムコース(C言語でのプログラム)。

健康スポーツコース(各種競技)。

健康スポーツコース(各種競技)。

マンガ・アニメーションコース(キャラクター制作)。

マンガ・アニメーションコース(キャラクター制作)。

陶芸デザインコース(備前焼の皿づくり)。

陶芸デザインコース(備前焼の皿づくり)。

福祉ボランティアコース(手話)。

福祉ボランティアコース(手話)。

緑化システムコース(コケ玉づくり)。

緑化システムコース(コケ玉づくり)。

クラフトデザインコース(木製バターナイフづくり)。

クラフトデザインコース(木製バターナイフづくり)。

生活デザインコース(クレープづくり)。

生活デザインコース(クレープづくり)。

オープンスクールを開催(6/27)

6月27日(土)、オープンスクールを開催しました。兵庫県や広島県など県外からのご参加の方もいらっしゃました。本日は、校内の10の専門コースの実習施設などを見学いただき、それぞれの専門コース担当教員から専門コースの内容を皆様に説明させていただきました。その後ご参加の皆様は個別相談会にて様々なご質問をされていました。
近日開催予定は、7月18日(土)午前開催の半日体験入学となります。ご参加お申し込みは本校のホームページの専用入力フォームからもお申し込みいただけます。皆様のお越しをお待ちしております。

マンガ・アニメーションコース(新設)の紹介。

マンガ・アニメーションコース(新設)の紹介。

陶芸デザインコース(登窯焼成室)。

陶芸デザインコース(登窯焼成室)。

福祉ボランティアコース実習室。

福祉ボランティアコース実習室。

生活デザインコースの紹介(被服実習室にて)。

生活デザインコースの紹介(被服実習室にて)。

キャリアデザインコースの紹介(理科実験室にて)。

キャリアデザインコースの紹介(理科実験室にて)。

情報システムコース(情報処理実習室)。

情報システムコース(情報処理実習室)。

1年生が避難訓練と消火訓練を行いました。(6/8)

 6月8日(月)、入寮して間もない1年生の皆さんが午後、避難訓練と初期消火訓練を行いました。火災や地震などの災害時に安全に避難が行えるよう避難経路を確認することと、防災への意識を高めることを目的として行いました。寮の食堂厨房から出火を想定した訓練で、1年生の皆さん全員が迅速に体育館ピロティーに避難集合することができました。避難完了後、佐溝教頭は「火災も地震もいつ起こるかわからない、常に日ごろから備える気持ちをもつことが大切。実際にそのようなことがあれば、まず冷静になること、そして避難の時は放送をしっかり聞き、火元や状況を冷静に把握すること」と、生徒の皆さんに伝えていました。避難難訓練の後は、消火器を使用しての初期消火訓練。初期消火用の消火器の使用方法の説明の後、校内にある初期消火用の消火器を使用して、火を消す訓練をしました(代表の生徒さんが消火器を使用)。寮や学校の中のどこに消火器が設置してあるか、もう一度確認をするよう生徒さんにお願いがされていました。

体育館ピロティーへ向かった避難訓練。

体育館ピロティーへ向かった避難訓練。

避難完了(訓練)。

避難完了(訓練)。

消火器の使い方の説明(地元消防団の方より)

消火器の使い方の説明(地元消防団の方より)

まずは職員による初期消火訓練。

まずは職員による初期消火訓練。

代表生徒による初期消火訓練。

代表生徒による初期消火訓練。

 
 

30期生の入学・入寮日(6/1)

 6月1日(月)、入学・入寮日でした。30期生106名が本校の一員となりました。簡略入学式が最初に行われ、その後、教職員の紹介、各種説明となりました。新入生の皆様、寮生活もすぐに慣れ、良き友だちにも恵まれると思いますので、これからの高校生活も頑張ってください。
 新入生の皆様、保護者の皆様、本日は誠にご入学おめでとうございます。

簡略入学式開始。

簡略入学式開始。

校長より式辞。

校長より式辞。

新入生代表宣誓。

新入生代表宣誓。

スタッフ紹介。

スタッフ紹介。

生徒作品展の開催(3/12~4/6)

 岡山県加賀郡吉備中央町吉川のきびプラザ内にある「岡崎嘉平太記念館」にて、令和2年3月12日(木)〜4月6日(月)まで「吉備高原学園高等学校作品展」を開催しています。過去の卒業生生徒作品を中心に陶芸、漆工芸、木工芸、竹工芸作品を43点展示しています。お近くにお寄りの際は、是非ご覧ください。
 展示会場をご提供いただきました「岡崎嘉平太記念館」関係者の皆様には厚く御礼を申し上げます。

本日帰省日(3/4)

 3月4日(水)、先日卒業生を送りだしたばかりですが、本日は1・2年生の帰省日となしました。政府の要請を受け予定を数日早めました。多くの生徒はマイカーでの帰省となりますが、9時15分発のJR岡山駅行直行のチャーターバス利用の生徒全員はマスク着用での帰省です。帰寮日は4月12日(日)のとなります。皆さん少々長い春休みの帰省期間となりますが、感染には充分気をつけていただきき、この期間をご自宅での学業等で有意義にお過ごしください。

PrintNext2020に出場した中国ブロック様が本校が協力した「きりたんぽ料理」のプレゼンで銅賞を受賞(2/15)

 全国印刷青年組織3団体(全国青年印刷人協議会、全国印刷緑友会、ジャグラ・SPACE-21)の『PrintNext2020』(東海林正豊運営委員長)が『Find the Future~人間力で世界価値を創造しよう!』をテーマに2月15日、秋田市の秋田市文化会館で開催され、一般参加者を含めて約500名が参加した大会に参加。各々のブロック(北海道、東北、関東、中部など9ブロック)中、出場された中国ブロック様(岡山市北区にある友野印刷株式会社の友野社長様代表)のプレゼン作品『秋田を飛び出せ きりたんぽ』を、友野印刷株式会社の友野社長様が会場で映像を取り入れたプレゼンテーションをされ、みごと銅賞を受賞されました。このプレゼン作品『秋田を飛び出せ きりたんぽ』は、本校の生活デザインコース生徒と教員が調理協力をしました。同コースの調理実習室で調理した中国地方の名物を組み合わせた5種類の「創作きりたんぽ」のプレゼン作品となります(写真)。大会の様子やプレゼンの様子なども写真で紹介します

【印刷業界ニュース NEWPRINET より記事拝借(以下)

 全国印刷青年組織3団体(全国青年印刷人協議会、全国印刷緑友会、ジャグラ・SPACE-21)の『PrintNext2020』(東海林正豊運営委員長)が『Find the Future~人間力で世界価値を創造しよう!』をテーマに2月15日、秋田市の秋田市文化会館で開催され、一般参加者を含めて約500名が参加した。
『PrintNext』は複数の青年印刷関連団体の枠を越えた合同イベント。2004年に開催された前身の『Print4』から数えて9回目を迎える。当日は全国8ブロック(総務担当の東北ブロックを除く)が“秋田”をキーワードに、印刷業が持つ知見から秋田県の良さを引き出すストーリーが発表された。
基調講演では経済産業省中小企業庁の前田泰宏長官が『0次産業革命とは』を演題に講演。日本人の多くが「未来を見ようとした時にベンチマークを探すことは間違い。未来は自分の中にある」と指摘し、常識や自らの既成概念が革新の壁になっていることを強調した。その上で、足りないものを探すのではなく、自らが持つ内在的な良さに焦点を当てることで「見え方が変わる」と述べた。
<金賞を受賞した喜びの中部ブロックメンバー>
ブロック発表では、秋田県が独立し、その価値を全国に再認識させる『独立国あきた』をドラマ仕立てに仕上げた中部ブロックが金賞を獲得。東京から見た秋田県の魅力を発信するブログ『週一秋田』の東京ブロックが銀賞、中国地方の名物ときりたんぽを組み合わせて新たな料理を提案した『秋田を飛び出せ きりたんぽ』の中国ブロックが銅賞を受賞した。
【全日本印刷工業組合連合会HP より主催者情報拝借(以下)】
【PrintNext2020:主催者】
PrintNext2020実行委員会(運営委員長:東海林 正豊)
全日本印刷工業組合連合会全国青年印刷人協議会
全国印刷緑友会
一般社団法人 日本グラフィックサービス工業会青年部SPACE-21
(順不同)
会場入口。

会場入口。

発表の様子。

発表の様子。

発表の様子。

発表の様子。

中国ブロック創作きりたんぽ写真インスタグラム拝借

中国ブロック創作きりたんぽ写真インスタグラム拝借

賞状と記念品。

賞状と記念品。

新入学、転入学・編入学相談会を開催しました(2/24)

 2月24日(月/祝振))、新入学、転入学・編入学相談会を開催しました。兵庫県、広島県からのご参加の方もいらっしゃました。10の専門コースの実習施設や寮など校内の施設をご見学いただき、その後令和2年度入試の説明会をにご参加いただきました。個別相談会でも熱心なご相談をいただきました。令和元年度開催の校内の見学会や入試説明会は本日で終了となります。なお、3期入試、4期入試もこれから実施します。ご受験のご相談や、個別のご見学も随時承っておりますので、お気軽にご相談ください。℡0866-56-8411(吉備高原学園高等学校代表)

 

校長よりご挨拶。

校長よりご挨拶。

寮の見学(大食堂)。

寮の見学(大食堂)。

令和2年度新設のマンガ・アニメーションコース紹介コーナー。

令和2年度新設のマンガ・アニメーションコース紹介コーナー。

福祉ボランティアコース実習室。

福祉ボランティアコース実習室。

クラフトデザインコースの木材加工実習室。

クラフトデザインコースの木材加工実習室。

陶芸デザインコース「備前焼登り窯」。

陶芸デザインコース「備前焼登り窯」。

入試説明会の様子。

入試説明会の様子。

校内の芝焼を行いました(2/20)

 2月20日(木)の午後、吉備高原学園高等学校の毎年恒例の「芝焼き」を行いました。校内の芝面積は全部で約5,000㎡ あります。本日は、実習棟隣の芝、校舎中庭の芝、正門そばの芝、校舎玄関前のモニュメント内の芝、そして駐車場横の芝を、緑化システムコース所属の2年生が教員の指導のもと、灯油バーナーで焼いていきました。芝焼きの目的は、芝生育促進、害虫駆除、雑草抑制で、良い新芽を出すことができます。今年も緑鮮やかな校内の芝が期待できそうです。